指値でのご依頼にも対応します。

指値での依頼とは?

当社でモノクロ冊子印刷を作成するにあたり、お客様が予算に応じて希望される金額をお伝えいただき、可能な限りその金額内でモノクロ冊子印刷を作成する事です。

ご希望予算をご提示ください。できるだけ予算内で作成できるようご提案いたします。

印刷会社を運営し、日々色々なお仕事を頂戴しておりますと、用紙発注の際にどうしても半端が出てしまい、気がつけば在庫紙が沢山できてしまいます。
特に表紙類は半端売りが出来ない用紙もあり、少量で良いにも関わらず、用紙店が指定する数量で購入せざるを得ない事が多々あります。その結果、余らせたくなくても在庫がどうしてもできてしまいます。

そこで用紙の銘柄や色目などは問わないので、出来るだけ安く印刷してほしいとお考えの方に、当社の在庫紙を使用して、少しでもお安くご提供できるのがこちらのサービスです。
安さ優先とは言え、何でもかんでも使用する訳ではなく、こんな用紙、こんな色目がありますがいかがですか?等のアナウンスはもちろんおこないます。
少しでも作成されたいイメージに近い用紙をご提案できればと思います。
ただし在庫状況は日々変動しますので、ご希望に沿えないケースもありますこと事前にご了承ください。


こんなお悩みありませんか?

予算がかぎられている・・。

こんなお悩みありませんか?

他社に見積もりを依頼したら思っている以上に高かった・・。

こんなお悩みありませんか?

用紙などこだわらないから少しでも安く作りたい・・。

こんなお悩みありませんか?

相見積もりで勝てない・・。


当社の自動見積もり機能を利用した以下のモノクロ冊子の金額

(例) A4モノクロ無線綴じ 60ページ+表紙
表紙:色上質特厚口 本文:上質70kg
税込 73,898円

当社在庫用紙を使用した以下のモノクロ冊子の金額

(例) A4モノクロ無線綴じ 60ページ+表紙
表紙:上質90kg 本文:上質55kg
税込 65,000円

予算が厳しく、あと1万円程度の減額をお願いしたいと依頼された時の一例です。
社内に上質55kgの在庫用紙があったため、通常価格よりも値下げしてご提供することが出来ました。
冊子の内容は同じ、使用するインキや刷版なども同じものを使用しております。
用紙が変更になっただけで、8,000円ほどの減額となりました。
長期保管する冊子に関しては、耐久性のある用紙を選択する事をおすすめしますが、社内資料など使い切りのモノクロ冊子には極力予算をかけたくないのが当然の事だと思います。
「少しの妥協」で少しでも「お得」に作成いただく事ができ「少しの減額」で在庫用紙を「無駄」にせず利用できますので、お互いにメリットがあるといえる当社の指値ラインナップです。ぜひご利用ください。